お金も愛も「出せば入る」の意味を勘違いしない

Pocket

こんにちは。

岩瀬アキラです。

 

よく、「お金」や「愛」は空気と同じで、「出せば入る」という表現が心理やスピリチュアルの世界ではされています。

Spend-the-money

で、確かにこれは「外から見た現象」としてはその通りです。

 

 

問題なのは

その「外から見た現象」だけをマネしても

意味がないか、もしくは逆効果(より痛い目に遭ったと感じる)になることがあります。

 

正直なことを言うと、僕が心理の世界に入るキッカケとなった心屋塾の世界では、おそらく僕を含めて、その状態を経験した人が山ほどいたと思います。

 

ちなみに、今の僕は心屋塾に対してなんの遺恨もありません。たしかに一度は痛い目に遭いましたが、それも結局は「自分の恐れ」が原因だったので。

ただ、もし何かあるとすれば(誤解されやすかったところがあるとすれば)

それは 「『●●』をすれば『●●』になる」という部分です。

 

確かに、行為自体ももちろん大事なのですが

それよりも100万倍大事なことは

その行為をする時の「意思(=エネルギー状態)」なのです。

 

というのも、結局私たち人間が現実の中で「感じている」(体験している)ものは

実は「現実」そのものではなくて、「自分の中の意思(エネルギー)」の方だからです。

maxresdefault

 

ここを理解していないで、「行為」だけを言われた通りにやろうとすると

結局現実化するのは「意思(エネルギー)」の方なので

結果的に「言われた通りにやったのにうまく行かなかった!」という

ある意味では至極当たり前な結果を、あたかも裏切られたかのように味わうことになるのです。

 

つまりは、「お金」も「愛」も「空気」も同じで

「出せば入る」というのは、平たく言えば

 

「あなたが出してるエネルギーが、そのままあなたに返ってくる」

 

というだけのことなのです。

 

「愛」はわかりやすいですが、「お金」も人間界では「エネルギー」とかなり近いものになっているので、同じ並びに入れても成立する、ということですね。

 

そして、私たちが忘れてはいけないのは

私たちが実際に求めているものは

「愛」でもなければ「お金」でもなく、「エネルギー」である

ということです。

 

そこさえ常に忘れずにいられれば

あなたが「幸せ」と「豊かさ」から遠ざかることはないでしょう。

 

なぜかと言えば、

あなたは「自分から良いエネルギーを世界に向けて出す」ことで

そのエネルギーをいつでも、あなたは感じることができるのですから。

まさに、空気を吐いたら、空気が入ってくるように。

 

そして、これをするのが「怖い(信じられない)」と感じる人がいるのも本当によくわかります。

僕がまさにそうでしたからね。

 

小さい頃から、自分自身や、世界(周りの人)を信じてこれなかった時間が長かった人は

特にそうなると思います。

 

なので、まずはそうやって固くなってしまったり、なかなかそうできない自分を諦めたり責めないところから始めましょう。

徐々に慣らしていえば、必ずできるようになるし

そもそも、僕たちは大丈夫なのですから。

 

でも、最後にたどり着くべき場所(ユートピア)は、そこであることだけは忘れないでください。

 

これが、普遍の真理です。

 

ちなみに今夜9時から、この話も含めて、「いつでも幸せと豊かさを感じて生きる決定的方法」を無料でシェアするオンラインお話し会を開催します。

興味がある方は、ぜひご参加くださいね。

ただいまのところ約40名の方にお申込みいただいています。
 
質疑応答の時間も用意していますし、お申込み時に質問を提出しておいてもらうこともできますよ。

基本は私が一方的に話すだけですが、20分くらいは質問にお答えする時間に充てる予定なので、是非そちらも活用してくださいね。
 
 

▼お申込みはこちら▼

https://www.reservestock.jp/events/399605

Pocket

Leave a Reply

メニュータイトル