「ヘンな自分」を解放した時、人生が開ける。

Pocket

こんにちは。

岩瀬アキラです。

 

突然ですが、うちの奥様は宇宙の叡智と繋がることができます。

そのスキルには、れっきとした名前がついています。

それを「アカシック・リーディング」と言います。

「アカシャ」という、宇宙の全ての情報(過去も未来も)が格納されている場所があるんですが

そこにアクセスできる人です。

 

で、要するに、早い話

いろいろと「わかっちゃう」人です。

 

で、小さい頃、「わかっちゃう」から、それに基づいた発言を友達とかにしてたら

「気持ち悪い」とか「なんで根拠もないのにそんなこと言えるの」みたいに言われた結果

「これは言ったらいけないんだ」と封印してしまったんですよね。

だから、ずーーーーーーーーーっとその能力を封印してきた、と。

 

でも、僕と出会って結婚してから、いろいろとユルんだこともあって

ここに来てようやく、その「能力」を解放することになりまして。

そうしたら、有料のモニターに50人近く申し込むという事態が発生し

今日も彼女は4人の方のセッションをしております。

 

でも

ここがとても面白いところなのですが

これまでも彼女はいろいろ個人セッションはしてきているのですが

この「アカシックリーディング」に関しては

まっっっっっっっっっったく疲れないらしいんですね。

とにかくやってて「楽しい」と。

 

で、この「疲れない」「やっててラク」「時間を感じない」状態ってのが要するに

「ホントウの自分」につながっている時なんですよね。

 

だから、自分が「やってて疲れること」とか

「やってて楽しいと感じられないこと」とか

「時間が経つのが遅い」ということは

とにかくやらない方がいいと。

だって、それは時間とエネルギーの無駄遣いだから。

 

「生活があるんだから働かなきゃしゃーないやろ!」

という人もいると思うんですけど

じゃあ、仕事をしながらでもいいから

どっかの時間を使って「なんか変だと思われるとか、やったらマズいことと思って封印してきたこと」

を解放してみると

人生がアッサリと開けるんじゃないかと思いますね。

 

無題

 

でね

僕は今、英語をしゃべっている動画を出していこうと思っているんですけどね

それはそれで僕にとって、「ホントウの自分になれる」ことの一つでは確かにあるんですけどね

 

でも、おそらく

いわゆる彼女にとってのアカシック・リーディングのような

ホントウのホントウの僕が「アタリマエ」にできることって

 

人をユルめてヒラく

 

ってことなんだろうなって

思ったんですよ。

 

ていうのも

僕の根底にある価値観が

 

「別に、なんでもやっちゃえばいいじゃん」

 

だからです。

 

アメリカに留学してすごく楽しかった(=ホントウの自分になれた)のは

そういうところがすごくあったからだなって思うんですよ、アメリカの文化に。

 

でも、僕はずっと

そういう自分では、日本の社会的にダメだと思って封印してきた。

 

でも、結局、皆に喜ばれるのは

「ユルめてヒラく」ってところであって

僕にとってはそんなの

もはや「やっている」っていう感覚すらない。

 

でね

たぶん人に豊かさをもたらすものって

ホント、そういうレベルのものだと思うんですよ。

 

自分にとっては

アタリマエ過ぎて

もはや「やっている」という感覚すらないくらいのこと。

 

それが

実はあなたに最も幸せと豊かさを運んでくれるものなんだろうなと。

 

そんなことをふと

思いました。

 

で、もし、そういう風に

人の「ホントウの才能」を解放して、引き出してあげられるようになりたいという人

 

例えば

・お子さんがいる親御さんとか

・コーチやカウンセラーとか

・部下がいる管理職の方とか

 

ぜひ、エレメント人種論プラクティショナーコースを受けてみてください。

 

これは、僕みたいな「天然」でのユルめてヒラく才能が仮になくても

人の「天才」を理解し、認めてあげて、引き出せる知識とスキルが身につくので。

 

もちろん、コースの中で僕とやり取りしていく中で

あなた自身がユルんでヒラいてパッカーンしちゃうかもしれませんけど

まぁ、それはそれで、別に良いことですものね。(^o^)

だって、それが「ホントウのあなた」なのだから。

Pocket

Leave a Reply

メニュータイトル