エレメント式 英会話上達法

 

突然ですが

あなたに2つ質問をさせてください。

 

 

① あなたはこれまでに、英会話スクールにいったり、いろんな教材を試してみたり、あれこれやってはみたけれど、どれもあまり続かなかった、または結果があまり出なかったですか?

 

② 「英語をしゃべれるようになりたい」と思っているけれど、どうせなら、イヤイヤしゃべるのではなく、気持ちよく楽しく話せるようになりたいと思いますか?

 

この2つの答えが「YES」であれば

これからお伝えする方法が

あなたのこれまでの英会話人生をひっくり返すことをお約束します。

 

 

どんな人でも、最初は「しゃべれない」

 

その具体的な中身についてお話をする前に

簡単に私の自己紹介をさせてください。

 

私は、ごく普通の日本人の家庭に生まれ、一般的な日本の中学・高校・大学に通った後

就職活動に失敗したことをキッカケに、22歳でアメリカに2年間留学しました。

 

そして帰国後のTOEICで満点(990点)を取得。そこから15年間、大手外資系IT企業の最前線で勤務し、2社目では執行役員を務めるまでに至りました。

 

そして41歳の時に、最新心理学のNLP(神経言語プログラミング)の資格を取得し、心理カウンセラーとして独立。

その後、出版社様からオファーをいただき、脳科学と心理学をベースにした英語上達法の本を出版。Amazonの英語学習法のランキングで1位を獲得させていただくことができました。

また、その翌年には、700人収容の大ホールでの単独講演会も開催し、好評を博しました。

 

 

 

 

一見すると華々しい経歴を持つ私ですが

当前ながら、最初から英語をしゃべることができたワケではありません。

 

みなさんと同じように

最初は相手が言っていることが聞き取れない、言いたいことが口から出てこない

そういったストレスをたくさん味わいました。

 

 

「英語ペラペラ」になる人は、何が違うのか?

 

では、なぜ私は

TOEIC満点を取るほどの「英語ペラペラ」に

短期間で到達することができたのでしょうか?

 

おそらく、一般的に皆さんが思われるのは

 

「元々その才能があったから」

「留学したから」

「死ぬほど努力したから」

 

という理由ではないでしょうか?

 

しかし

実はそれらは、根本的な要因ではないのです。

 

では

英語ペラペラになる人と、そうならない人を分ける

” 決定的な要因 ” とは

一体何なのでしょうか?

 

それは

 

モチベーションの大きさ

 

です。

 

 

 

 

「英語ペラペラ」のレベルになった人は

英語をしゃべれるようになることに対して

圧倒的なモチベーションがあったのです。

 

だからこそ、そうなるための「行動」をたくさん起こした。

そして、その結果、しゃべれるようになった。

 

非常に当たり前ですが

でも、本当にそれだけのことなのです。

 

 

あなたも必ず「英語ペラペラ」になれる理由

 

でも、仮にそれが事実だとして

「モチベーションが大事」と言われてしまうと

元も子もないように感じてしまいますよね?

 

なぜなら、それは「自然に湧いてくる感情」だから

英会話に対してそこまで「モチベーション」がない場合は

それ以上どうしようもないじゃないか、と。

 

しかし!

 

ここが、一番のキモなのですが

実は、人はみな

 

モチベーションを自ら「生み出す」ことができる

 

のです。

 

 

そもそも、「モチベーション」というのは、一体何なのでしょうか?

「モチベーション」は、別の言い方をすると

 

「人生における優先順位」

 

のことです。

 

 

例えば、赤ちゃんが言葉をしゃべれるようになるのは

頭が柔らかいからとか、怖れを知らないから、などと言われがちですが

実際にはそうではなくて

言葉をしゃべれるようになること

つまり、周りの人と意思疎通することが

自分の人生において圧倒的に優先順位が高かったから、なのです。

 

 

つまり

あなたが

英語をしゃべれるようになりたいと思いながらも

英語をしゃべれるようになっていないのは

 

あなたの人生において

「英語をしゃべれるようになること」の

優先順位が低いから

 

なのです。

 

 

でも、そういうと

こういう反論が来るかもしれません。

 

「いま、私は英語をしゃべれるようにならないと、会社でクビになってしまう状況にある。だから、自分の人生において『英会話』の優先順位はとても高い!けれど、しゃべれるようにならないのはどういうことだ?」

 

 

これはなぜかというと

その人にとって、「ホントウの意味で」人生における優先順位が高くなっているワケではないのです。

 

つまり

この「優先順位」は、その人の「本心」から来るものでないと意味がない

ということです。

 

例えば「仕事で英語をしゃべれるようにならないといけない」と言う場合

「本心」は「イヤイヤ」なのです。

そして、あなた自身の経験からもわかると思いますが

人が「イヤイヤ」やることは、決して上達しません。

 

 

あなたが「英語ペラペラ」になるための「カギ」を握るもの

 

では、どうしたら、「イヤイヤ」ではなく

もっと楽しく、前向きな気持ちで

あなたの人生における「英会話」の優先順位を上げることができるのでしょうか?

 

 

その答えを握っているのが

あなたの

 

「価値観」

 

です。

 

 

人にはそれぞれ、生まれ持った「価値観」というものがあります。

 

「価値観」というのは

あなたにとって、何が大事か?

あなたにとって、何が譲れないことか?

あなたは、どんなことを無条件で楽しいと感じるのか?

あなたは、どんなことで芯から心が満たされるのか?

 

そういった、あなたを良い感情/悪い感情にする「ツボ」のようなものです。

 

この「価値観」というものが

あなたの人生における「優先順位」を決め

そしてそれが、あなたの「モチベーション」を決めているのです。

 

つまり

この「価値観」という名の「モチベーションのツボ」を理解し、うまく活用すれば

 

あなたは「努力」モードではなく「夢中」モードで

最もラクに、最も早く、最も確実に

「英語ペラペラ」な自分になることができます。

 

 

しかも

ここで朗報なのが

 

あなたが最も効率的に上達する「やり方」も

この「価値観」が答えを握っているのです。

 

 

例えば

ホームドラマに元々そんなに興味がない人が

ホームドラマを教材に選んで学ぼうとしたら

当たり前ですけども、効率よく上達できるハズがないですよね?

 

または、元々「文字情報」が苦手な人が

「単語帳」や「本」を使って学ぶアプローチを取ったら

効率よく上達はしないのはわかりますよね?

 

そういった「天然での向き不向き」という情報も

この「価値観」の中にあるのです。

 

 

そして、そのあなたが生まれ持った「価値観」を活用して

あなたが英語ペラペラになるための「圧倒的モチベーション」と

あなたが一番ラクに楽しく上達できる「超効率的アプローチ」を導き出すのが

 

「エレメント式」英会話上達法

 

なのです!

 

 

※外部サイト(リザーブストック)に移動します

メニュータイトル